ナチュラルヘルシースタンダードをホットで飲んでも大丈夫?

ナチュラルヘルシースタンダードのミネラル酵素スムージーを冬場寒いときなどにホットで飲むのはどうなのでしょうか?

 

スムージーをホットで飲むのはメリットもあれば、デメリットがあります。

 

 

【デメリット】酵素パワーか弱まる

ホットカップ

酵素は熱に弱いです。60℃以上になると、酵素は破壊されると言われています。

 

ですので、熱いお湯で飲む場合は、酵素が破壊されて摂取することができません。

 

一応、公式サイトでは常温以下で飲むことを勧めています。

 

でも40℃程度のお湯でしたら酵素が破壊されることはないので、酵素を摂りたい方は、熱湯ではなく、ぬるめのお湯で割ることをオススメします。

 

冬場は常温の水といっても0℃に近い温度になります。

 

だから40℃程度まで水の温度を上げてから飲めば、スムージーを飲むことによる冷えは防げるはずです。

 

 

【メリット】身体が温まる

暖かいものを飲む女性

冷たいものを飲むと身体は冷えます。

 

特に冷え性の方は冬場に冷たいものを飲むのは辛いという方が多いのではないでしょうか?

 

スムージーを温めて飲むことにより、体温を上昇させ、冷えを予防することができます。

 

また寒いときに暖かいものを飲むことでリラックスできます。

 

冷えは免疫力を低下させたり、便秘になったり、代謝が低下して太りやすくなったりする原因になります。

 

ですので、冷えやすい方が寒い冬場だけでもスムージーをホットで飲むのは良い方法だと思います。

 

 

置き換えを継続できるように飲み方を工夫しよう

以上、ナチュラルヘルシースタンダードのミネラル酵素スムージーをメリット、デメリットについてご紹介しました。

 

ミネラル酵素スムージーにはビタミンも含まれています。ビタミンは熱で破壊される性質を持っているのですが、長時間熱を加えなければ大丈夫です。ですので、スムージーをホットで飲む場合、ビタミンの破壊はそれほど気にしなくても大丈夫です。

 

ちなみにスムージーに含まれているカリウムやカルシウムなどのミネラルは熱で破壊されにくいです。

 

スムージーはある程度の期間継続して飲むことではじめて効果が実感できます。

 

ですので継続できなければ本末転倒ということになります。

 

スムージーを継続できるように、うまく飲み方を工夫しましょう。

 

>>トップページに戻る